FC2ブログ

    12月の記

    12/04火 暖かい。暖房要らず。東京、24度以上。全国300か所以上で12月の最高気温とか。
         土曜日、芝生のスロープで孫と草ソリ。背中で滑って飛行機雲発見。
     ssIMG_20181201_114409_2018120419592171f.jpg  sIMG_20181213_112620.jpg  sIMG_20181213_113108.jpg
    12/13木 一昨日あたりから急に寒くなってきた。陽射しも例年より少ないらしい。
       最高で9~12℃、これで平年並みとか。いかに今まで暖かかったか。
       野バラの実の深紅や山茶花の色どりにほっと一息。
      
       

        
    2018-12-13(Thu)
     

    11月の記

    11/01木 台風の塩害で落ち葉が茶色いまま縮れて散っていく。
    11/08木 塩害できれいな紅葉が見られない中、サルスベリだけは真っ赤!時ならぬスミレも。
       sIMG_20181108_105117.jpg  sIMG_20181108_111535.jpg

    11/15木 柿の実 青空に映ゆ。大きな桜の木がひそかに根元から伐採されていた。
       sIMG_20181115_105410.jpg   sIMG_20181122_120331.jpg

    11/22木 歩き終わるころ気づいた。今日でblog10周年だった。
       Tを連れ出して歩く、ツワブキが暗がりにくっきり浮かび上がる。
       酷暑の夏だった今年、秋も気温高い。3人目の孫が明日初宮参り。いい青空でした。
    11/30金 娘一家が生まれた孫とともに帰っていって一週間。のんびり気持ちいい日和。

       
    2018-11-30(Fri)
     

    10月の記

    10/01月 関東地方は直撃ではないもののものすごい風だった。今年初めての台風一過の秋晴れ
      嵐のあと 枝木や葉っぱが道路を覆うさまは、禊ぎ落とされてさっぱりと清々しくすらある。
      キンモクセイの花がこぼれて集まっていた。近所の2mものサルスベリが根元からパックリ。
       sIMG_3659.jpg   sIMG_3671.jpg
    10/10水 昨日のうちに 霊園の木々の落ち葉が一気に進んだ。
      後ろ向きに歩を進めると落ち葉に足を取られる。
    10/31水 10月《体育の日》が、夏・冬服の入れ替えの目安。今年はその前にやや肌寒い日が続きTの服だけは入れ替えた。そこを過ぎると晴天、夏秋通じて初めて、という青空が続いて 自身の服は今日やっと終了。いつまでも続いて欲しい青空。
    娘の里帰り出産のため、霊園 は12月までしばらくお預け。

     
    2018-10-31(Wed)
     

    9月の記

    9/01土 東西の高気圧のせめぎあいと、生まれた台風21号の影響で曇り空。
       ツクツクホウシが鳴いていよいよ秋へ?今年はハナミズキの実の色付きが早い。
       sIMG_20180901_074159.jpg  

    9/14金、15土 いつになったら秋が来るかと心待ち。
      やっと涼しさを感じるようになった。9月も半ば。で22、3度。
    9/21金 昨夜はあまりの寒さに 真夜中 羽毛布団を出した。今日も寒い。
      10月から11月並みでこの時期、8年ぶりの寒さとか。まったく“○○年ぶり”が多すぎる!
    9/22土 敬老と彼岸とで3連休が2週にわたり続き、彼岸の墓参の流れがばらけた様子。
      彼岸花が咲きだす墓は、訪れる人もなく荒れ果て、株が掘り起こされたようで今年はない......
      白萩と赤紫の萩は今年も義理堅く咲きだし、傍らのコブシが真っ赤なイシツブテを握っている。
       sIMG_20180922_123249.jpgハギ  sIMG_20180922_123127.jpgコブシ

    9/28金 青森の旅から戻った。かの地の気温18~21℃。最低は12,3度。
      関東は雨続きだったらしいのに おかげさまで向こうは晴れ。
      最終日に崩れかかったものの 5分前に雲が切れ 日本海に沈む夕日を望んだ。
      《リゾートしらかみ》はそのためにわざわざ徐行運転。十二湖から岩舘への厳かな時だった。
      0時を回ってから帰宅、荷物整理して2時就寝。 


      そしていつも通り。いつものスタイルは不思議に疲れない。
      ~~どこからともなく流れてくる いい薫り....
      なんだろう、姿は見えぬ...
    sIMG_3659.jpg
    9/29土 昨日の薫りが姿を現した!....金木犀
      忘れるなんてショック...人工とは違う優しい薫り。

    9/30日 台風21号に始まり、24号に終わる9月。
      950hPa、最大瞬間風速70mとかで一昨日から戦々恐々。雨戸を閉めて迎え撃つ準備。しかし17時現在 小雨のまま 風はそよとも吹かず。
    歴史始まって以来の熱暑にも飽き飽きした半ばすぎ、やっと落ち着いた、と思うと秋雨前線の始まりの模様。
      
      
    2018-09-30(Sun)
     

    8月の記

    sIMG_3635.jpg8/05日 何度か台風がかすめて行って 8月になっても、相変わらず36,37度の猛暑日が続く。世界的にも、北極まで30度以上の気温、スペインでも40度以上だとか。それでもいつもの場所にオミナエシをみつけると、少しずつ季の動きを感じる。
    8/07火 待ちに待った立秋 ! 台風13号の影響で昨夜雨。今朝の涼しさ 忘れていた!
    8/17金 今夏ばかりは朝からエアコン生活。しかし今日久しぶりに窓全開だけで行けた。大雪山も例年より20日ほど早く初雪。秋の訪れが早いのだろうか。

    sIMG_20180828_073759.jpg8/22水 すわ!秋か、と早とちり、したのもつかの間。暑さムシムシがぶり返した。いったん涼しさを思い描いた身にはとても辛い。それでも秋のツルボお目見え。

    8/31金 実に台風上陸の多い年。しかし関東直撃はない。台風余波が過ぎるたびに今度こそは、と思う秋の訪れは全く感じられない。蒸し暑さがそのたびに復活してしまう。いよいよ亜熱帯日本。

    2018-08-31(Fri)
     

    7月の記

    7/01日 梅雨明けて 湿度の高い日が続く。
    7/08日 西日本は線状低気圧での集中豪雨。惨禍!関東だけは湿度高いまま曇り空続く。
         盗掘されて、去年在ったヤマユリが翌年は姿を見せず、が繰り返され ついに立体墓地の奥に息をひそめて群れ咲くだけに...
    ユリを求めた先にキカラスウリの豪華繊細なレース状の花が!
         sIMG_20180708_114713.jpg    sIMG_20180708_112709.jpg   
       ホタルブクロも、誰かが植えたアガパンサスも。
           sIMG_20180708_114548_201807091632090b5.jpg     sIMG_20180708_114424_20180709163208e19.jpg
    7/13金 久しぶりに早朝歩く。
       あるものは高枝に、あるものは墓石の頂上に不思議に2羽ずつ隣り合うカラス。
       地上を歩くカラスも目に付く。まさかカラスまで涼しいうちに、と考えたわけではあるまい。
       花屋のテントが張られた、今年もお盆が巡ってきた。
    7/16月祝 なんとも暑い!早朝といえども黒いカラスは地に降りて喘いでいる。木陰を選って歩く。
    7/22日 連日連夜酷暑。35,36℃の気温続き。
       なんでも熱い高気圧が2塊かさなって、いわゆる毛布を二枚掛けしている状況らしい。

    7/24火 空蝉  → → → → → → → →sk IMG_20180724_073337

    7/31火 線状低気圧のゲリラ豪雨は西日本を襲った。
       関東は熊谷で日本歴代最高温41.1℃をマークしたように 記録にない酷暑続きの7月だった。
    連日37,38℃という日々がズラ~と横並び。合間に 大きな声では言えないが気まぐれ逆走台風の雨に一息入れる。
    旅行計画練りの為、毎夜遅寝続きで ついつい、早朝 をサボり気味。やっと目途がついた今朝は4時に目覚め久々の5時台歩き。しかしまだまだ “命の危険にかかわる”酷暑は続きそう......

    2018-07-31(Tue)
     

    トカゲ対ゴキブリ

    sIMG_20180708_115727.jpg突然 苔むした石垣の隙間から現れて目の前をツツーと2つの影が横切った。
    太陽の陽を透かして飴茶色が明るいゴキブリと20cmほど後から追いかけるコバルトブルーの尻尾のニホントカゲ
    右に左に必死に逃げ回るゴキブリ......健闘むなしく遂に捕らわれた。
    しかしトカゲの口にはあまりに大きい。バタつくゴキブリは何ともしがたく、運びやすいように縦にくわえるか横にくわえるか色々試みる。いかにせん、お手上げ!と口が緩んだところでゴキブリは口から離れて走り出した。あっという間に50cm以上も離れて見失い、トカゲは一旦はあきらめたかにみえた。ゴキブリは草むらでじっと動かず体勢を整えて、しかし充分には戻らないまま2分後に動き出した。そこで再びトカゲのアンテナに!動きをキャッチしたトカゲは今度は逃がさなかった。喰らいついて離さなかった。少しずつゴキブリの手足をもいでダメージを与えて行く。いつまでもバタつくゴキ。生き物の世界は情け容赦なし、大きな黒アリがおこぼれにあずかろうとウロチョロし始めた。
    その間10分。小さいとはいえ必死の命の攻防にちょっと耐えられなくなり帰り道についた。
    が、気になってその場所に戻ってみた。
    石垣の割れ目にでも入ったのか もう 姿はなかった。
    なぜかほっとした。
    2018-07-10(Tue)
     

    6月の記

    6/01金 青空 白い刷毛雲 風。イシモモも、アンズも ハナズオウまで ものみな結実!

     sIMG_3610_2018060115411466e.jpgsIMG_3614_201806011541150eb.jpg石桃 sIMG_3605_20180601154112e52.jpg

    6/04月 爽やか青空。これも明日までと。 
    6/06水  ついに関東地方も梅雨入りも  もできない......
    6/09土 梅雨に合わせたようにガクアジサイなど花開く。
      sIMG_20180609_075113.jpg  sIMG_3612.jpgハナズオウ

    6/10日 昨日は蒸し暑く冷房、今日は薄ら寒っ暖房。嘘みたいなホントの話。
    6/15金 雨が降りだす前に

       sIMG_20180612_122107.jpg6/12山桃 sIMG_20180619_074927.jpg
    6/19火 妖しい薫り くちなしの花
    6/22金 梅雨の晴れ間  蒸し暑い。
    6/23土 11時ころから律義に雨。
    6/25月 東京は真夏日。
    6/26火 雲一つない!梅雨の晴れ間。蒸し暑い。
    6/29金 梅雨明け。6月の梅雨明けとは信じられない。
          関東においては大雨こそなかったが、雨空多い梅雨らしい天候の6月だった。
     
    2018-06-30(Sat)
     

    5月の記

    5/01火 初夏の陽気の連休。
    5/03木祝 昨夜から今朝にかけ雨。9時ころには雨上がり 、蒸し暑い!車多く、あちこち渋滞。
    5/05土祝 皐月の空に光り輝くコバンソウ。その中に早くもムラサキツユクサ!   
        sIMG_3595.jpg小判草 sIMG_3588.jpg

       ついでに天空の階段脇。キンポウゲの仲間、タマキンポウゲ?しかし、《葉》が違う。
       マーガレット、ノースポールに似ているのでそれを頼りに検索!
       →【クリサンセマムムルチコーレ】その名の通りキク科
        sIMG_3603.jpg   sIMG_3600.jpgカリン木肌

    5/07月 好天続きの連休が明けるのを待ってたように昨深夜から
       午前中は何とか雨上がり 夕方からまた雨。気が利く雨。
    5/08火 今日も
    5/10木 昨日も できず。今朝は のあとまた雨。
       サクランボが枝先ごと地面にたたきつけられていた。
       sIMG_20180510_164457.jpg  sIMG_20180515_111109.jpg

    5/15火 いつの間にか大きくタイサンボクの花👆。やはり今年は早い。 
    5/20日 昨日までの蒸し暑さが消え爽やかな空気。
       真ん中の真っ青な空を取り囲むように ぽかぽか楕円の羊雲が浮かぶ。のどか。
    5/31木 連休中はよく晴れてくれた。終わったとたんに雨、曇り空。今日も梅雨の走りのような空。
       一気に夏が来たような夏日も続いたり、と 早かった桜を追うが如き 季節の推移。
    2018-05-31(Thu)
     

    4月の記

    4/01日 今日も暖かい。風もなく絶好の花見日和。5月下旬並みの気温の日も。
       昨日から散り始める桜。2歳の孫が雪だと花吹雪を喜ぶ。
      ssIMG_20180331_105924.jpg3/31ケヤキsIMG_20180401_070443.jpg4/1桃  
       ケヤキも遅れじと萌え出し、モモも、ハナズオウも一斉に!
      sIMG_20180401_070417.jpgハナズオウsIMG_20180402_073944.jpg金魚椿   
    4/04水 朝食前の、順調。 見知った顔々にすれ違う。見知った金魚椿にも 👆。
    4/09月 八重桜も開いた。
       sIMG_20180409_064400.jpg   

    4/13金 4月に入る前に桜は満開を迎え、気温も5月中・下旬並み。
       ハナミズキはもとより、レンギョウカリンマツバウンランも。フジまでも咲き始めた。
       早い!連休前に咲きそろうとは。
    4/14土 暑い 
    4/15日 昨夜から久しぶりの雨。突風!昼前には雨も上がり
       風の名残で天狗の団扇みたいなトチの若葉が 枝先ごと折れて歩道を覆っていた。
    4/18水 昨夜から。正午には上がるもはできず。
    4/20金 雲一つない 。 しかも暑い。西日本では真夏日、関東、夏日。

       sIMG_20180416_072432.jpgフジsIMG_20180422_074610.jpg西洋岩南天

    4/22日 ナルコユリの小型版のような花、発見。👆
       ヨウシュヤマゴボウの茂る場所なのでその花か、とおもいきやセイヨウイワナンテンだった!
    ところでヨウシュヤマゴボウ、子等が小学校の宿題で、手を紫に染めながら家の近くで採取していた。葡萄ジュースのような色と香りに、てっきり<洋酒ヤマゴボウ>とおもっていたら<洋種>の方だった、エヘッ。
    4/30月祝 けた外れに夏が早くやってきたような4月だった。夏日どころか真夏日も!
       桜をはじめ花は1wも10日も早め。4/01が桜の散り始めだなんて!

    2018-04-30(Mon)
     
    霊園の今  
    芝刈りも芸術的に! 12/13
     野バラの実も冬の色どり 12/13  
    心に残る墓碑銘-巻頭言- ’08.11.22記
                   
    十億の人に 十億の母あれど
      吾が母にまさる 母あらめやも
       
    → キセキの遭遇('10.1.20記)へ
    訪問者数
    過去記事(ログ)スクロール

    2018/12 (1)

    2018/11 (1)

    2018/10 (1)

    2018/09 (1)

    2018/08 (1)

    2018/07 (2)

    2018/06 (1)

    2018/05 (1)

    2018/04 (2)

    2018/03 (1)

    2018/02 (2)

    2018/01 (1)

    2017/12 (1)

    2017/11 (1)

    2017/10 (1)

    2017/09 (1)

    2017/08 (2)

    2017/07 (1)

    2017/06 (1)

    2017/05 (1)

    2017/04 (1)

    2017/03 (3)

    2017/02 (1)

    2017/01 (2)

    2016/12 (2)

    2016/11 (3)

    2016/10 (3)

    2016/09 (2)

    2016/08 (1)

    2016/07 (1)

    2016/06 (3)

    2016/05 (2)

    2016/04 (5)

    2016/03 (3)

    2016/02 (2)

    2016/01 (3)

    2015/12 (7)

    2015/11 (5)

    2015/10 (3)

    2015/09 (8)

    2015/08 (2)

    2015/07 (4)

    2015/06 (6)

    2015/05 (2)

    2015/04 (4)

    2015/03 (3)

    2015/02 (5)

    2015/01 (8)

    2014/12 (5)

    2014/11 (6)

    2014/10 (2)

    2014/09 (2)

    2014/08 (4)

    2014/07 (2)

    2014/06 (6)

    2014/05 (5)

    2014/04 (4)

    2014/03 (6)

    2014/02 (3)

    2014/01 (4)

    2013/12 (7)

    2013/11 (4)

    2013/10 (3)

    2013/09 (8)

    2013/08 (8)

    2013/07 (14)

    2013/06 (13)

    2013/05 (5)

    2013/04 (9)

    2013/03 (5)

    2013/02 (14)

    2013/01 (8)

    2012/12 (6)

    2012/11 (3)

    2012/10 (6)

    2012/09 (6)

    2012/08 (8)

    2012/07 (10)

    2012/06 (6)

    2012/05 (6)

    2012/04 (5)

    2012/03 (5)

    2012/02 (5)

    2012/01 (6)

    2011/12 (5)

    2011/11 (10)

    2011/10 (5)

    2011/09 (6)

    2011/08 (4)

    2011/07 (9)

    2011/06 (8)

    2011/05 (13)

    2011/04 (7)

    2011/03 (7)

    2011/02 (3)

    2011/01 (5)

    2010/12 (7)

    2010/11 (6)

    2010/10 (7)

    2010/09 (10)

    2010/08 (13)

    2010/07 (5)

    2010/06 (15)

    2010/05 (6)

    2010/04 (14)

    2010/03 (12)

    2010/02 (8)

    2010/01 (13)

    2009/12 (7)

    2009/11 (12)

    2009/10 (11)

    2009/09 (14)

    2009/08 (8)

    2009/07 (9)

    2009/06 (14)

    2009/05 (10)

    2009/04 (15)

    2009/03 (7)

    2009/02 (11)

    2009/01 (7)

    2008/12 (16)

    2008/11 (5)

    検索フォーム
    最新トラックバック
                     
    プロフィール

    pocchi bocchi

    Author:pocchi bocchi
    カメラは“写ればいい”派。大目に!